前へ
次へ

鍼灸治療では院内感染などは起こらないか

医療施設には多くの患者さんがいて、それぞれ色々な病気を持っています。中には感染する病気を持っている人もいて、院内の管理が行き届いていないと院内感染が起きることもあるようです。注射と言えば血管にさすことになるので、使い回しがあると感染する可能性が高くなります。そのため注射針の使い回しは行われておらず、使った後はすべて所定の方法で廃棄されるようになっています。鍼灸治療でも鍼を体に刺しますが、それらの鍼が使いまわされているか不安に感じることもあるでしょう。鍼灸治療において色々な治療器具を用いますが、患者の体に刺したり触れたりするものは基本的に使い捨てになります。鍼治療の鍼やお灸においても一度治療に使ったらそれを別の患者に使ったりはしません。ですから鍼などを通じての院内感染の心配は必要ないでしょう。治療によってはたくさんの鍼を使うこともあり気になることもあるようですが、それぞれの医療施設で新しい鍼をストックしているので問題はないでしょう。

Page Top