前へ
次へ

鍼灸治療を受ける前には

体の不調を訴えた時に利用する治療方法に、鍼灸治療が考えられます。ですがこの鍼灸治療を受ける時には、注意する事項があることが意外と知られてはいません。体調不良だからと言っても、その場は自宅で過ごすことが良い場合も出て来ると知っておきましょう。一番よくない治療の受け方には、熱があるような時です。風邪などから来る高熱時には、治療効果が期待出来なくなりますので、風邪から来る体のだるさ等においても我慢する必要が出て来ます。またお酒を飲んだ後の治療も効果を期待出来ませんし、徹夜などをしたことから極度の疲労を感じている時も、治療は避けるようにします。カイロプラクティック治療を受けた時などは、お風呂を避けるようにと言われることがありますが、鍼灸治療ではそのようなことはないと言って良いでしょう。ですが長い入浴や入浴中に倦怠感などを覚えた時には、休憩を取るようにしましょう。鍼治療を行った後、時には出血を見る場合もありますが、数日で治ることが一般的です。しかし出血量が多く心配な時には、治療担当者へすぐ連絡を入れることが良いでしょう。不安なことは、すぐに取り除くことが大事なことです。

Page Top