前へ
次へ

鍼灸治療の歴史はとても長い

西洋医学が日本に入ってくる前には、日本では東洋医学を基本とした治療法が行われていました。漢方薬や手当などはその名残であり、今でも病気の治療法として確立しているところから、多くの人に信頼されていることが分かります。鍼灸治療は東洋医学の流れを組む治療法であり、病院などで施してくれる治療法とはだいぶ違います。ごく細い鍼を人体に刺してツボを刺激し、血の流れを良くして体調改善を促す手法です。最初は痛みを感じたり違和感を覚える人もいますが、だんだんと体が慣れていき鍼灸治療をスムーズに行えるようになります。むしろ、効き始めてからは病院に通うよりもはるかに改善された実感があり、体調も良くなるケースがほとんどです。私の家のそばにも腕の良い鍼灸治療のお店がありますが、これはもはや経験というより洗練された技と呼んだほうが良いでしょう。それほどまでにここで受ける鍼は気持ちが良く、受けた後は体がとても軽くなるのが分かります。

Page Top